介護サロンにお邪魔してきました!

いづみケアセンター主催の介護サロンにお邪魔してきました。

内容は、地震の際に一番困るであろうトイレについてや、自宅での入浴方法、おむつ交換のコツなどなどでした。ダスキンの方もいらして、様々な介護用品を展示して下さっていました。

熊本地震の際も、トイレの水が止まったり、仮設トイレも人がいっぱいで水分を控え脱水になった方も多かったようです。そこで、「携帯トイレ」を紹介して頂きました。専用のものも販売されているようですが、ポリ袋などに吸収シートなど入れることで、排尿を吸収し、使用後はポリ袋ごと捨てるといった形を教えて頂きました。においも少ないみたいでして、排尿でしたら4回程は使用できるようです。

正直、考えもしなかったので、大変勉強になりました。

そして、身内の方を3人も介護されてきた参加者の方が自らの経験をお話して下さいました。その中で、「福祉は寄ってきてくれないから、自分達で見つけに行かなきゃ」というお言葉がありました。理学療法士として、心にズシんとのしかかりました。確かに、様々な制度はありますが、やはり自ら調べないと有効的に使えないと思いました。何事にも当てはまることだと思いますが。

このお言葉を受け、改めて、

まずは、自ら属する町、滑川町において「福祉が寄ってくる町」となるように精進していきたい、社長とともに、挑戦していきたいと思いました。


特集記事
最近の投稿