代表写真

​障害を抱えていても、その人らしい生き方、働き方を一緒に見つけていきましょう!!

障害者手帳画像

やりたいことを諦めない。

一人で考えずに相談できる環境・組織を作ります。

 私が脳梗塞を発症し、障害を持ったのは36歳でした。当初は、会話もできず、歩行もできず、起き上がることすら出来ませんでした。精神的に死んだ方が楽にすら思う、そんな時期もありました。​

 約6ヶ月間のリハビリテーションを終え、30代の私は社会保険適応期間終了後に、受けられるリハビリがありませんでした。無いなら作る!そう考えたのが最初でした。元々が自営業(やきとり屋)の私には、自分の体の状態でできることも想像がついてしまいました。就労支援施設も見学しましたが、社会に帰るのが目的で社会に出たことは、二の次のようにも感じました。自分が特別視されるのも込みだということまで考えました。​

 収入があればやりたい事に挑戦できる、リハビリに取り入れたい動作も増え、相談できるセラピストも、同じ境遇の仲間も居る。全ての障害者、家族、友人達が笑顔を増やせる仕組みを作りたいと思っています。​

 最初は何で自分がと思った時期もありました。病気を恨んだこともありました。しかし、なったものはしょうがない。だからこそ、出会えた人達もいます。だからこそ、今があります。​

 障害を特別視されない環境や自分を作ることを前提に、会社を設立することにしました。自分ができることを形にし、病気の上に立とうと思います。

代表取締役

長谷部 潤

基本方針:社長の経験を活かし、生活・趣味活動の基盤を作り、

その人らしい生活が送れるよう総合的に支援します。

やりたいことや、やってきたことを言葉にして下さい。

障害者就労支援
就労サポート
◎協力機関:有限会社みどりの郷あすか(介護施設)、グッドジョブ東松山(派遣会社)、
有限会社カワカツ(内視鏡機器製造)